委任契約とはどういうことを指すか

新しいソフトウェアやシステムを作成するに当たって、基本的な設計は自社で行うことができ、ただそれを実装するための人手が足りないという場合、外部での作業を検討することになります。その際に取り交わす必要があるのが委任契約です。委任契約とは作業そのものを担保するための契約と考えるとシンプルに理解することができます。

システムの完成自体を外部に任せる場合の契約とは違うということを認識しておく必要があるのです。委任契約で作業のみを任せるということは、そのクオリティチェックなどは発注する側の仕事です。必要に応じてリテイクなどが発生する場合、その旨を最初に取り決めておけば問題ありません。重要になるのは作業を進めるための仕様書や指示書になります。基本的に作業を受注した側はその仕様に則って仕事を進めることになります。

設計が自社内で完結する、あるいは開発案件を受注した際のリソース不足の場合などに多用される契約形態で、最上流に位置するクライアントが用いる契約形態ではなく、実際に開発を行う側が検討するものになります。委任契約では仕様を共に考えるなどのプロセスを踏むこともなく、実際に会わずに作業を依頼するということもあります。